美容外科の技術力とは

Pocket

豊胸手術を行うに当たって、美容外科の「技術力」を重視する方が多いと言われますが、技術力とは、どのような点に表れてくるのでしょうか。また、技術力が高いクリニックを見極めるためのポイントはあるのでしょうか。

これから豊胸術を受ける方が 心配される点として、「失敗してしこりが残らないか」「不自然な形になってしまうのではないか」「傷跡が残らないか」というようなことが挙げられますが、まさにこのような点を左右するのがドクターの技術力です。

手術豊胸手術でヒアルロン酸や脂肪をバストに注入する際に、技術力のない医師が一箇所に偏って注入してしまったり、量が多すぎたりすると、しこりの原因になることがあります。しこりがあると左右がいびつな形になり、見た目も不自然になります。ちなみに、

大阪にある豊胸対応クリニックではエコーを併用する施術方法があります。こちらはオプションですので別途費用が発生してしましますが、エコーを用いてヒアルロン酸を注入することで正確な注入が可能になります。

また、脇の下やアンダーバストを切開する手術の場合、通常は傷跡がだんだん消えていきますが、医師の技術によっては傷跡が残ってしまう恐れがあります。

豊胸は美容外科の施術の中でも、医師の技術力によって仕上がりの差が出やすい施術であると言われています。技術の高い医師の施術を受けられる美容外科を選びたいものですが、ポイントとなるのは医師の実績です。カウンセリングを受ける際には、豊胸術の経験がどれくらいあるかを尋ねてみましょう。また、実際の症例写真を見せてもらうことも重要です。左右の形のバランスや傷跡の有無を参考に、技術力を見極めていただければ幸いです。


関連記事